南蛮屋珈琲店~飲むことはもちろん、焙煎する楽しさも提供する店~

飲むことはもちろん、焙煎する楽しさも提供する店!南蛮屋!

自宅で焙煎を楽しめる

南蛮屋さんでは、自宅でコーヒーをいれるだけでなく、焙煎から自宅で楽しめるよう工夫されています。

手網焙煎機と生豆を購入すれば、自宅で炒りたてのコーヒーを飲むことができます。

焙煎は実はさほど難しくありません!

①豆を洗い、➁水気を取り、③豆を手網に移して火にかけ、④手網を左右に振りながら6分程度焼き、⑤冷ませばコーヒー豆の完成。
※実際に行う際は、細かな焙煎方法に従ってください。

焙煎後の香りはとても豊かで、炒りたての味は格別です。

好みの生豆を選び、好きなタイミングで焙煎して作ったコーヒー。
作る楽しさ・好みの味・炒りたていれたての最高の一杯が出来上がります。

手網焙煎機と生豆(150g)二種付のセットは1,800円。
生豆単品は100g340円~用意されており、焙煎後の豆よりも低価格です。

自宅で気軽に楽しめる趣味として最適です!

スペシャリティーコーヒーとプレミアムコーヒー

南蛮屋さんで提供されている豆は、栽培環境・収穫・生産処理・選別・輸送・保管・焙煎の全ての面で高品質と認められたスペシャリティコーヒーやプレミアムコーヒー!

各豆の特徴・状態に合わせて焙煎方法を変更されており、豆のポテンシャルを最大限に引き出されています。
直下型の焙煎機を使うことで、酸味を持ちながらも香ばしい豆など、変化に飛んだ豆を作られています。

コーヒー豆は、100g500円~。
コーヒー1杯は480円~提供されています。

いれ方は、自宅でできるオーソドックスな方法。
気に入った豆を購入し、家でも同じ味を再現できるように、あえて特別な方法は使わずに抽出しています。

コーヒーの味をお店で確かめ、気に入った豆を購入して自宅で再現することができます。

ランチメニューもこだわり満載

看板メニューは「黒カレーのオムカレー」。
自家製のスパイシーオイルで炒めた具材は、スパイスの味が乗った奥深い味。
隠し味に深煎りコーヒーを使用されているそうで、苦みも感じる複雑な味を実現されています。

黒カレーと卵の甘み、食材の特徴を生かした食感などが絡み合う逸品です。

「赤マサラカレーのオムカレー」は売り切れ必至の人気メニュー。
こちらもスパイスから作ったオリジナルです。
スパイシーでやみつき間違いなしの逸品です。
好みで特製「謎のスパイス」をかければ、辛みが増して食欲が増進されます。

雰囲気・場所

趣のある店内で、居心地の良い空間です。

コーヒー豆などは店内入口で買うことができます。

西18丁目駅(地下鉄東西線)から徒歩1分、西15丁目駅(市電)から徒歩5分の場所にあります。

【南蛮屋珈琲店】

住所 札幌市中央区大通西16丁目1 oheyadoBldg1F
電話番号 011-621-4822
営業時間  7:30~20:00(LO.19:00)
定休日 日曜日

 

 

取材日:2020年4月18日
情報は、取材当時のものです。